トップページ
ニュース
作品解説
劇場情報 コメント

レス・ポールはギターの名前と思っている人が多いようだが、実在する人物である。
エリック・クラプトンやキース・リチャーズ、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、スラッシュ、エドワード・ヴァン・ヘイレン… 名だたるミュージシャンたちに愛用され、エレキ・ギターの代名詞となった「レスポール」の産みの親、レス・ポール。

彼は元々がギタリストであり、現在までに50枚のシングルと35枚のアルバムを出している。今までに5度グラミー賞を受賞しているほか、1988年には、後世のロックアーティストに影響を与えた人物に贈られる、ロックの殿堂のアーリー・インフルエンス部門に殿堂入りしている。累計すると合計3千万枚以上のレコードセールスを記録している。
また、ソリッドボディのエレキギターの原型を製作した発明家としても有名である。自宅に録音スタジオを建設し、様々な発明をしている。
レコードのカッティングマシーンを自作したり、多重録音を可能にしたり、アナログディレイマシンの原型を発明。オーバーダビング(多重録音)は現在のレコーディングには欠かせない方法であり、この近代レコーディングの礎ともいえる技術や方法を発明・開発した先駆者である。8トラック・テープレコーダーやギブソン・レスポールの功労により、ミュージシャンとして唯一「発明家の殿堂("w:National Inventors Hall of Fame")」入りを果たしている。

キース・リチャーズは「彼は俺たちに最高のオモチャを与えてくれた」とコメントしている。エディ・ヴァンヘイレンは「彼がしてくれた事が無ければ、自分は今していることの半分も出来なかった」とも言っている。全くもってレス・ポールがいなければ、現代の音楽産業の復興はなかったのである。

そんなレス・ポールは93歳のいまでもニューヨークのJAZZクラブで毎週月曜日にステージにあがる。

今回日本のみで公開となる映画「レス・ポールの伝説」は、93歳になった現在も、ニューヨークにて週に一度ライブを行う彼が自らの人生を語り、BBキング、ジェフ・ベック、ポール・マッカートニー、そしてキース・リチャーズといった彼を尊敬してやまないミュージシャンたちがレス・ポールを語る貴重な音楽ドキュメンタリー映画である。

レス・ポールプロフィール
1915年6月9日、アメリカ、ウィスコンシン州生まれ。
1930年代よりミュージシャンとして活動をスタート。現在までに50枚のシングルと35枚のアルバムをリリース、累計で合計3千万枚以上のレコードセールスを記録している。1940年代に世界で初めてソリッド・ボディのギターを発明し、その後、レコードのカッティングマシーンを自作。多重録音を可能にしたり、アナログディレイマシンの原型を発明。1951年には妻のメリー・フォードとのデュオ、『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』が全米一位を獲得。その翌年、ギブソン社初のソリッドギター“レスポール”が発売される。人気の低迷や、離婚、耳の鼓膜が破れるという事故に見舞われるも、1974年現役復帰。1976年チェット・アトキンスと作成した「チェスター&レスター」で1977年グラミー賞を受賞。今までに5 度グラミー賞を受賞しているほか、1988年には、後世のロック・アーティストに影響を与えた人物に贈られる、ロックの殿堂のアーリー・インフルエンス部門に殿堂入りしている。また、2005年には8トラック・テープレコーダーやギブソン・レスポールの功労により、ミュージシャンとして唯一「発明家の殿堂」入りを果たした。
その後も精力的にライブを重ね、93才になった現在でも、ニューヨークのイリジウム・ジャス・クラブで毎週月曜日ライブを行っている。